Forguncy サポート

バージョン4以前からForguncy Server 6.0.4.0にアップグレードした環境の場合、6.0.5.0のインストール時に表示されるインストール先フォルダーが既存のフォルダーと異なる

フォローする

対象製品とバージョン:Forguncy Server 6.0.4.0

 

バージョン4以前のForguncy Serverを6.0.4.0へとアップグレードインストールする場合、以前のバージョンのForguncy Serverがインストールされているフォルダーが自動的にインストール先フォルダーとして表示されます。たとえば、Forguncy 4 Serverをインストールしたフォルダーが「C:\Program Files (x86)\ForguncyServer」であった場合、「C:\Program Files (x86)\ForguncyServer」が自動的にインストール先フォルダーとして表示されます。

しかし、その後に6.0.5.0をインストールしようとした場合、以前のインストール先フォルダーに関係なく、「C:\Program Files\ForguncyServer」がインストール先フォルダーとして表示されます。本現象は、アップデートインストールだけでなく、一度でもForguncy Server 6.0.4.0をインストールした環境において発生する問題です。

以前と異なるフォルダーにForguncy Serverをインストールした場合、ユーザー情報や認証プロバイダーといった設定情報が引き継がれません。また、バージョン4のアプリケーションをForguncy 6 Server上で運用していた場合、それらのアプリケーションが評価版と認識され、利用できません。

回避方法

 Forguncy Server 6.0.5.0をインストールする際に、インストール先フォルダーを手動で既存のインストールフォルダーへと修正し、インストールを継続します。

 

 検索キーワード: fgclimitation fgcsetup 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント