Forguncy サポート

[V6] アップロードしたファイルはどこに保存されますか?

フォローする

Forguncyで作成したアプリケーションにてファイルや画像のアップロードを行った場合、これらのファイルは既定ではForguncy Serverをインストールしたコンピューターの次のフォルダに保存されます。

C:\Users\Public\Documents\ForguncyServer\<アプリケーションパス名>\Upload

既定の保存先は、以下のどちらかで変更することができます。
特別な理由がない限りは、GUIで設定可能な「Forguncyサーバー管理ポータル上で設定する方法」をお勧めします。変更方法の詳細は、各リンク先を参照してください。

アップロードファイルの総容量が大きくなる場合、Forguncy Serverの「必要システム構成」に記載されているようにドライブの空き容量が不足しないように、アップロードファイルの保存先を変更してください。

必要システム構成は、必要システム構成 を参照してください。

なお、画像アップロード型セルや添付ファイル型セルを使用してデータベースに保存されるデータは、以下のようになります。

  • Forguncyの内部データベースに保存する場合
    データベースのテーブルには画像ファイルや添付ファイルのファイル名が文字列として保存されます。 この時のファイル名は一意になるように「GUID+ファイル名+"|"」という文字列で保存されます。
    実体の保存先は、本ナレッジの前半に記載した場所となります。
  • 外部データベースに保存する場合
    テーブル側のフィールドの型によって格納されるものは次のように変わります。
    • テキストタイプ
      テーブル側のフィールドの型が「ntext、nvarchar」などのテキストの場合、Forguncyの内部データベースに保存した時と同じように文字列として保存されます。実体の保存先は、本ナレッジの前半に記載した場所となり各アプリケーションの配下になるため、複数のアプリケーションから同一の画像にアクセスすることはできません。
    • バイナリタイプ(添付ファイル型セルの場合は、サポートしていません。画像アップロード型セルを使用した場合のみサポートしています)
      テーブル側のフィールドが「Image」などのバイナリの場合、画像の実態がバイナリでテーブルに格納されます。このため、テーブルを参照するすべてのアプリケーションから同一の画像にアクセスすることができます。実体の保存先は、本ナレッジの前半に記載した場所ではなく、フィールドにバイナリで保存されます。
      ※ただし、レコードをコピーするとバイナリのデータが正しく参照できなくなるという制限があります。このためコピーは行わず、必ず画像アップロード型セルを使いアップロードして登録するようにしてください。

検索キーワード: fgcinfo fgcserver fgcoperation

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント