Forguncy サポート

VLOOKUP関数で範囲にリストビューを指定する際の列番号について

フォローする

対象製品とバージョン:Forguncy

Forguncyの関数は基本的にExcelと同様の指定方法で利用できますが、VLOOKUPなどの関数を使用する場合、Excelで使用する際は別のタブにデータを用意する場合が多いのに対して、Forguncyで使用する際にはページ上にリストビューを配置して値を取得します。
この際、VLOOKUPなどの範囲や列番号の指定がある関数でリストビューを対象とする際には注意が必要です。

VLOOKUP関数の書式は以下の通りですが、第2引数の範囲に結合したセルが含まれる場合、第3引数の列番号にはセルを結合する前の列番号を指定します。
この指定方法はExcelでVLOOKUP関数を利用する場合でも同様なのですが、Forguncyのリストビューはセルを結合して作成されることが多く、結合した状態の列数と間違わないように注意してください。
 

  VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型)

 

たとえば、以下のようにセルを結合していない場合、VLOOKUP関数の列番号は「2」になります。
vlookup2.png

以下のようにセルを結合している場合、VLOOKUP関数の列番号はセルを結合する前の列になるので「6」になります。
vlookup1.png


VLOOKUP関数の動作については、添付のサンプルでも確認いただけます。
サンプルは、Forguncy 4.0.104.0以降のバージョンで読み込むことができます。


検索キーワード: fgcinfo fgcdevelopment

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント