Forguncy サポート

同期元のユーザー名変更後Windows認証ユーザーの同期に失敗する場合がある

フォローする

対象製品とバージョン:Forguncy Builder 4.x、6.x、 Forguncy Server 4.x、6.x

 

Windows認証ユーザーにて、認証元であるユーザー名の大文字小文字を変更した後(※)にForguncy Serverのサーバー管理ポータルやFoguncy Builderの開発時ユーザーアカウント管理で同期を行おうとすると「前回の同期日時」が更新されず、Forguncyのユーザー情報は同期されていません。手動同期、自動同期、どちらも同様の事象が発生します。

(※例:ユーザー名を「grape.city」から「Grape.City」に変更した場合など。)

回避方法

Forguncy Serverのサーバー管理ポータルやFoguncy Builderの開発時ユーザーアカウント管理から、同期元の名称を変更したユーザーを一度削除し、再度同期を行うことで回避することが可能です。

 

 検索キーワード: fgclimitation fgcuserservice fgcoperation

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント