Forguncy サポート

フォーム認証でログアウト時に同時接続数を減らす方法

フォローする

対象製品とバージョン:Forguncy 4

Forguncy 4では同時接続ライセンスを採用していますが、認証モードでフォーム認証を使用している際に、アプリケーションからログアウトしても接続状態を維持する(同時接続数を1消費したままになる)場合があります。

同時接続数のカウントは、WebブラウザーでForguncyアプリケーションのページを開いているとカウントされますが、ログインページはカウントに含まれません。

認証モードでフォーム認証を使用している場合、「ログインユーザー」セルで「ログアウト時にスタートページを表示する」のチェックをオンに設定し、スタートページの表示権限が「表示制限なし」の場合、ログアウトしてもスタートページを開いているため同時接続数のカウントは1消費したままです。

ログインユーザーセルの設定:
__________.png

ページ表示権限の管理:
 __1.png

 

このような場合、Forguncyアプリケーションのスタートページをログイン必須に設定しておくことで、ログアウト時にログインページが表示されるようになり、ログアウトによって同時接続数を減らすことが可能です。

※Windows認証、認証プロバイダーを使用している場合、ログアウトの概念がありませんのでWebブラウザーを閉じないと同時接続数は減りません。

 ページ表示権限の管理(変更例):
__2.png

__3.png

 

各設定の詳細は、以下のオンラインヘルプを参照してください。

ログインユーザーを作成する

ページの表示権限を設定する

 検索キーワード:fgcinfo fgcserver

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント