Forguncy サポート

Windows認証利用時にActive Directoryで追加、削除されたユーザーを抽出する方法

フォローする

 対象製品とバージョン:Forguncy 4

ログインの必要なアプリケーションでは、社員の入社や退職などにあわせてユーザーアカウントを最新の状態に保たなければなりません。アプリケーションの「認証モード」に「Windows認証」を指定している場合、以下の方法でActive Directoryで追加/削除されたユーザーを抽出できます。
※「認証モード」に「認証プロバイダー」を指定している場合は、自動的にユーザーの同期が行われるので以下の操作は必要ありません。

Active Directoryに追加されたユーザーを抽出する方法

Forguncy 4では、所有するライセンスの種類に関わらず登録するユーザー数に制限はありません。そのためActive Directoryへ登録されているすべてのユーザーをForguncyのユーザーとして取り込むことが可能です。以下は、Active DirectoryのすべてのユーザーをForguncyのユーザーとして取り込んでいる際の差分抽出の方法です。

  1. ユーザーアカウント管理を開き、「ユーザーの追加」ボタンをクリックします。
    AddUser_1.png

  2. 「Windows認証のユーザー」タブを開き、検索キーワードを入力せずに画面右上の虫眼鏡アイコンをクリックします。
    ※「ユーザーの追加」ダイアログには、未登録のユーザーのみが表示されます。既に登録済みのユーザーはリストに表示されません。
    AddUser_2.png

  3. 未登録のユーザーがリストに表示されます。追加するユーザーのチェックをオンに設定し「OK」ボタンをクリックするとユーザーが追加されます。
    ※ユーザーリストの左上のチェックをONにすることで、リストに表示されているすべてのユーザーを選択できます。
    AddUser_3.png

 

Active Directoryで削除されたユーザーを抽出する方法

ユーザーアカウント管理の「内部管理」に登録されているWindows認証のユーザーは、ドメインに存在しない場合は赤で表示され、アカウントが無効になります。
また、Forguncy 4ではユーザーアカウント管理のユーザー一覧をソートして表示できます。
以下の手順で削除されたユーザーを抽出できます。

  1. ユーザーの一覧で「有効」をクリックするとアカウントが「有効」なユーザーが昇順にソートされて表示されます。
    DeleteUser_1.png

  2. もう一度「有効」をクリックするとアカウントが「有効」なユーザーが降順にソートされて表示されるため、無効なユーザーの一覧を表示できます。
    ※無効なユーザーは赤文字で表示されます。赤文字のユーザーが表示されない場合、削除されたユーザーは存在しません。
    DeleteUser_2.png

  3. 削除するユーザーのチェックをONに設定し[選択したユーザーの削除]ボタンをクリックするとユーザーが削除されます。
    DeleteUser_3.png

 

 検索キーワード: fgcserver fgcdeploy

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント