Forguncy サポート

Forguncy Serverのライセンスを別のコンピューターへ移動したい

フォローする

対象製品とバージョン:Forguncy

 

コンピュータ名が同一のマシンであれば、移動元で使用していた運用ライセンスファイルを、そのまま移動先で登録して使用できます。しかしながら、コンピュータ名が異なっていれば、運用ライセンスファイルはそのまま使用することができません。新しいコンピュータ名で運用ライセンスファイルを申請して入手しなおす必要がありますが、Forguncyのバージョン1では再申請を受け付けておらず、別名のコンピュータへ移動することはできません。バージョン2以降の場合のみ、以下の場合に移動が行えます。

Forguncy Server 2以降の運用ライセンスを別名のコンピューターへ移動するには、保守サービスの有効期限内でかつマイライセンスページ(マイページよりアクセスできます)からライセンス情報ページを表示し「コンピューター名の変更可能回数」が0でない場合のみ移動できます。保守サービスの詳細は、こちらをご確認ください。

移動方法

  1. ライセンスの移動先コンピューターへForguncy Serverをインストールします。
  2. マイライセンスページ(マイページよりアクセスできます)からライセンスの移動先のコンピューターのライセンスファイルを取得します。
    手続きは、マイライセンスページで移動する運用ライセンスの製品詳細ページにある「コンピューター名の変更」ボタンより行います。移動するすべての運用ライセンスについて行う必要があります。

  3. 移動先コンピューターのForguncy Server(以降「移動先Forguncy Server」と略します)へ2)で取得した運用ライセンスを登録します。
    運用ライセンスの登録方法はこちらを参照してください。

  4. アプリケーションでユーザー管理機能を利用している場合、ユーザーアカウント情報を移動します。
    移動元コンピューターのForguncy Server(以降「移動元Forguncy Server」と略します)でユーザーアカウント情報のバックアップを行い、移動先Forguncy Serverへ復元します。ユーザーアカウント情報のバックアップ、復元の手順はこちらを参照してください。

  5. アプリケーションで内部データベースを使用している際は、移動元Forguncy Serverのデータベースのバックアップと移動先Forguncy Serverへの復元が必要です。データベースのバックアップは、以下の2つの方法があります。
    ・Forguncy Builderへ運用環境のデータを取り込み再発行する。
     データベースのデータが少ない場合に適した方法です。手順はこちらを参照してください。
    ・内部データベースをバックアップして移動先Forguncy Serverへ直接復元する。
     データベースのデータが多い場合に適した方法です。手順はこちらを参照してください。

  6. Forguncy Builderから移動先Forguncy Serverへアプリケーションを配置(発行)します。
    5)でForguncy Builderへ運用環境のデータを取り込んだ際は、データベースも一緒に発行してください。

  7. 5)で内部データベースをバックアップした際は、移動先Forguncy Serverへデータベース復元します。手順はこちらを参照してください。

  8. 移動元Forguncy Serverをアンインストールします。 
    ※ライセンス移動元コンピューターのForguncy Serverは必ずアンインストールしてください。

 

検索キーワード: fgcinfo fgclicense

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント