Forguncy サポート

ハイパーリンクで社内共有ファイルを表示したい

フォローする

対象製品とバージョン:Forguncy

 

Forguncyのページ上のセルを選択し「セル型選択ドロップダウンリスト」から「ハイパーリンク」セル型を選びます。このときに、右ペインの「セル型」タブ内に表示される「コマンド...」から「ページ遷移」コマンドを指定して、以降に記載の方法で社内共有ファイルを指定します。

※「コマンド...」が指定できるセル型ならば、ハイパーリンク以外でも設定できます。設定できるセル型は、以下のとおりです。セル型によって、社内共有ファイルを表示するタイミングは以下のようになります。

  • ボタン・・・・・・・・・・・・・・クリック時
  • テキストボックス・・・・・・・・・値が変わった時
  • 複数行テキストボックス・・・・・・値が変わった時
  • チェックボックス・・・・・・・・・値が変わった時
  • チェックボックスグループ・・・・・値が変わった時
  • ラジオグループ・・・・・・・・・・値が変わった時
  • ハイパーリンク・・・・・・・・・・クリック時
  • コンボボックス・・・・・・・・・・値が変わった時
  • 数値・・・・・・・・・・・・・・・値が変わった時
  • 日付・・・・・・・・・・・・・・・値が変わった時
  • 画像・・・・・・・・・・・・・・・クリック時
  • ユーザー選択コンボボックス・・・・値が変わった時
  • ふりがなテキストボックス・・・・・値が変わった時
  • メニュー(Forguncy 4のプリインストールプラグイン)・・・・クリック時
  • ツリービュー(Forguncy 4のプリインストールプラグイン)・・クリック時

以下の図は、セル型を選択し「ページ遷移」コマンドを指定する例です。

Internet Explorerでローカルファイルにアクセスする方法

以下のこれらの方法が使用できるのは、Forguncyアプリケーションがイントラネットアプリケーション(イントラネットゾーン)の場合に限ります。また、Internet Explorerの場合に限ります。Webアプリケーションからローカルファイルにアクセスすることは、基本的にWebブラウザのセキュリティポリシーによる制約の影響を受けます。Internet Explorerではポリシーの設定ができるため回避が可能ですが、それ以外のWebブラウザーではセキュリティポリシーの制約によってローカルファイルのアクセスはできません。

Forguncy 3以降の場合:

「ページ遷移」コマンドで「外部ページ(アドレス指定)」を選択し、社内共有ファイルなどのローカルファイル(file://~で始まるスキーム)を指定することで、社内共有ファイルを表示することができます。

  • 「ページ遷移」コマンドに指定する文字列の例
    file:///\\pc-name1\work\Book1.xlsx

なお、「ページ遷移」コマンドで「外部ページ(アドレス指定)」選択時に指定できるアドレスは、http、およびhttpsから始まる外部アドレス(Forguncy 3以降の場合、file://~で始まるスキームにも対応)です。Forguncyは、データを送受信するためのルールの1つであるHTTPプロトコルにのみ対応しています。このため、それ以外のプロトコル、例えばFTPから始まる外部アドレスなどには対応していません。必ずhttpかhttpsで始まるアドレスを指定してください。

Forguncy 2以前の場合

Forguncy Builder ProのJavaScriptによるカスタマイズ機能を用いて、「JavaScriptコードの実行」コマンドで以下のようなコードを記載します。※この方法が使用できるのは、Forguncyアプリケーションがイントラネットアプリケーション(イントラネットゾーン)の場合に限ります。

  • 「JavaScriptコードの実行」コマンドで記載するコード例
    window.open("file:///\\pc-name1\\work\\Book1.xlsx");

検索キーワード: fgcinfo fgcdevelopment

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント