Forguncy サポート

JavaScript内の変数の範囲(スコープ)について

フォローする

対象製品とバージョン:Forguncy Builder Pro 2.X

 

JavaScriptで宣言した変数が参照できる範囲(スコープ)は、JavaScriptコードを登録する場所によって決まります。 JavaScriptコードが登録できる場所は大きく3つあり、それらのスコープは次の通りです。

  • アプリケーション : アプリケーション全体(全ページ)に対して有効になります。
    アプリケーション全体に関わる処理を行いたい場合は、こちらを参照して、アプリケーション全体に対してJSファイルやCSSファイルをライブラリとして登録してください。
  • ページ : ページに対して有効になります。
    そのページに関わる処理を行いたい場合は、こちらを参照して、ページを選択し右ペインの「ページ設定」タブから「カスタムJavaScript」としてJSファイルを登録してください。
  • コマンド : そのコマンド内でのみ有効になります。
    「コマンド」の登録画面では、1つのセル型に対し複数のコマンドを追加できますが、それらは独立しています。同一セル型のコマンドであっても、複数のコマンドをまたいで変数を共有することはできません。変数を共有したい場合は、上記に説明したアプリケーションかページに対して登録してください。
    コマンドの登録は、以下のいずれかの方法で行えます。
    • ページを選択し右ペインの「ページ設定」タブ内の「ページロード時のコマンドを編集...」から登録する。
    • セル選択し「セル型選択ドロップダウンリスト」からセル型を選び、右ペインの「セル型」タブ内の「コマンドの編集...」から登録する。※セル型によってはコマンド登録ができないものがあります。登録できるセル型は、下記の画像を参照してください。


検索キーワード: fgcinfo fgcdevelopment

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント