Forguncy サポート

メールを送信したい

フォローする

対象製品とバージョン:Forguncy 2以降

 

Forguncy 3の場合:

Forguncy 3では「メール送信」コマンドを使用して、任意のメールを送ることが可能です。

メール送信

なお、本コマンドを使用するためには、送信元メールアドレスが必要となるため、メールアドレスを持つユーザーアカウントを使用してログインした状態である必要があることにご注意ください。

 

Forguncy 2の場合:

Forguncy 2でメールを送信するためには、プログラミングによるカスタマイズを行う必要があります。

クライアントサイドで送信する

  • JavaScriptでForguncyのクライアントサイドのAPIを使う方法
    Forguncy 2 Builder Proが必要です。詳しくはオンラインヘルプのこちらを参照してください。

    なお、mailtoを使用してメーラーを起動するだけであれば、「JavaScriptコードの実行」コマンドに下記のサンプルコードのように記載する方法もあります。※「ページ遷移」コマンドに「mailto」を記載してメーラを起動することはできません。「JavaScriptコードの実行」コマンドに記載してください。
    <サンプルコード>
    var p = Forguncy.Page;
    var address, subject, body;
    address = 'aaaa.bbb@com';
    subject = '件名';
    body = '本文';
    location.href = 'mailto:' + address + '?subject=' + subject + '&body=' + body;

サーバーサイドで送信する

  • サーバーサイドでIEmailSender メンバを使う方法
    詳しくはオンラインヘルプのこちらを参照してください。

なお、Forguncyには、データ更新時にメールの通知を行う通知設定機能があります。この機能を利用すると、任意のテーブルに対して追加や変更が行われた時に、指定した相手に自動でメールを送信することもできます。これはログイン機能を使用するため、ログインするアカウント数分のユーザー認証ライセンスが必要となります。
自動通知のメール文面は変更できません。通知機能の詳細については、オンラインヘルプのこちらを参照してください。

 

検索キーワード: fgcinfo fgcdevelopment

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント