Forguncy サポート

保守サービスの有効期間を延長したい

フォローする

対象製品とバージョン:Forguncy 2以降

 

Forguncyの保守付き製品を購入いただいた場合、Forguncy 4では自動的に保守サービスが開始されます(Forguncy 2、Forguncy 3ではライセンスファイルの申請をしたタイミングで自動的に保守サービスが開始されます)。保守サービスの有効期間は、開始から1年間です。保守サービスの有効期限が切れても自動延長はされません。有効期限を延長したい場合は、期限が切れる前に、以下の手順で「保守更新ライセンス」を購入し登録手続きを行う必要があります。

Forgucy 4の場合

  1.  こちらの「お問い合わせフォーム」より、お手続きの種類に「保守更新」を選択してお問い合わせください。
  2. 購入が完了すると、自動的に保守サービスの有効期間が延長されます。

Forgucy 2、Forguncy 3の場合

  1.  こちらのお問い合わせフォームより、必要な保守更新ライセンスの製品名をお書き添えの上、お問い合わせください。
    ※必要な保守更新ライセンスの製品名は、マイページのマイライセンスページで確認できます。

  2. 購入が完了すると、ライセンス申請キーを入手できます。
  3. マイページのマイライセンスページにアクセスして、保守更新ライセンスを登録する製品の詳細ページを表示してください。

  4.  「保守サービス更新申請」ボタンをクリックして、2で入手したライセンス申請キーを入力し、画面に沿って申請を行います。

  5. 保守サービス更新手続き完了のメールが届き、マイライセンスページで有効期限が変更されていれば登録完了です。

    マイライセンスページで有効期限が変更されていない場合、手続きが失敗している可能性があります。失敗の理由は、「保守サービス更新申請」によって届くお知らせメールに記載されていますので、内容を確認の上、再度申請してください。

 

 検索キーワード: fgcinfo fgclicense

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント