Forguncy サポート

デバッグのしかた

フォローする

対象製品とバージョン:Forguncy 2.x

 

Forguncyには開発用のWebサーバーが内蔵されています。このため、特別なサーバー側の設定をすることなく、開発環境上で以下の緑色の矢印のボタンを押すことで、デバッグ実行が行えます。ボタンを押すと、内蔵のサーバーを通じてWebブラウザーが起動し、アプリケーションの外観や動作を確認できます。

Forguncyで作成したアプリケーションにJavaScriptを記載している場合は、起動したWebブラウザーでF12キーを押すことで、Webブラウザのデバッグ機能を利用してデバッグが行えます。

Forguncy 2 Builder Proの機能であるカスタムWeb APIを使用している場合は、.NET Framework 4.6をサポートするVisual Studio上でカスタムWeb APIのデバッグが行えます。この方法については、オンラインヘルプのこちらを参照してください。

 

検索キーワード: fgchowto fgcdevelopment

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント