Forguncy サポート

Forguncy Server をクラウド上に配置できますか?

フォローする

Forguncy Serverはインストール型ソフトウェアのため、クラウドの仮想マシンにインストールすることで利用できるようになります。配置の際は、以下の点に注意してください。

22345番ポートが開いていること

このポート番号は、Forguncy BuilderからForguncy Serverへアプリケーションを発行する際に使用します。

HTTPの既定の80番ポートが開いていること

※HTTPSを使用するアプリケーションの既定ポート番号は443になります。
このポート番号は、既定の設定で発行したForguncyアプリケーションにアクセスする際のポート番号です。
既定のポート番号以外に発行して利用する場合は、利用するポートを開ける必要があります。

コンピューター名が変動しないこと

Forguncy Server はライセンス認証を行う際、Windowsの「コンピューター名」(「デバイス名」)を使用しています。このため、コンピュータ名が変更されると、ライセンス認証が正常に動作しません。

仮想マシンにインストールしたWindowsが必要システムを満たしていること

Forguncyが動作確認を行っているWindowsは日本語版のWindowsです。しかし、以下のクラウドサービスの仮想マシンでは、日本語版のWindowsを選択することができません。

  • Google Compute Engine
  • Microsoft Azure Virtual Machines

そのため、上記の2つの仮想マシンについては、次の手順に従って完全な日本語環境化を行ってください。

Azure 環境における Windows Server の日本語環境化について | Microsoft Docs 

上記の手順に従って完全な日本語環境化を行ったWindowsに限り、Forguncyの動作保証対象となります。

完全な日本語環境化を行った仮想マシンにおいて、日本語版Windowsでは発生しない問題が見つかった場合、Forguncyの制限事項となる可能性があります。なお、現時点でそのような問題は報告されていません。

 

検索キーワード: fgcserveer fgcoperation fgcdeploy

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント