Forguncy サポート

印刷機能はありますか?

フォローする

対象製品とバージョン:Forguncy

 

Forguncyで印刷を行う場合、以下の2通りの方法があります。

1.Excelへ出力して、Excelの印刷機能を使って印刷する

Forguncyには、ページをExcelファイルへと出力する「Excelエクスポート(ページ)」コマンドがあります。この機能で出力したExcelファイルを、Excelの印刷機能を使用して印刷します。
リストビューに表示するデータ件数がリストビューの表示領域よりも多く、リストビューでスクロールが発生するような場合であっても、表示上スクロールしないと表示されないデータをExcelの別シートとしてエクスポートするオプションも備えています。

ただし、リストビューを使用した表形式のレイアウトでない場合、Excelに出力できるレコードの件数は1件です。同じページレイアウトでレコード件数分の印刷用ページを生成したい場合には、PDFへ出力する方法を選択します。

また、Forguncy 2以降では、印刷する用紙サイズや余白といったページ設定の情報を、アプリケーションの作成時に指定できます。これによりアプリケーションの利用者は、ダウンロードしたExcelファイルを開いて印刷ボタンを押すだけで、期待する印刷結果を得ることができます。

2.PDFへ出力して印刷する(バージョン3以降のみ可能)

バージョン3以降のForguncyには、ページをPDFファイルへと出力する「PDFエクスポート」コマンドがあります。この機能で出力したPDFファイルをAdobe Readerなどの印刷機能を使用して印刷します。

3.Webブラウザーの印刷機能を使って印刷する

表示しているページをWebブラウザーの印刷機能を使用して印刷します。規定で印刷されるヘッダーやフッターは、Webブラウザーの印刷設定を変更することで、印刷しないようにできます。

この方法ではWebブラウザーに表示されている通りにしか印刷されません。例えば、リストビューにスクロールが発生する場合、スクロールしないと表示されない部分は印刷されません。見た目のまま印刷してよい場合に、この方法は手軽でお勧めです。

Forguncy 2 Update 2(バージョン2.2.0.0)以降では、「印刷」コマンドを使用することでWebブラウザーの印刷機能を使用したページの印刷が行えます。

 

検索キーワード: fgcinfo fgcdevelopment

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント