Forguncy サポート

定期実行(バッチ処理)が行えますか?

フォローする

Forguncyでは定期実行を行う仕組みとして以下の2種類の方法があります。

スケジュールタスク

スケジュールタスクは、処理の開始時間と実行間隔を指定し、定期的に定義した処理をForguncy Server上で実行する機能です。たとえば、次のような利用例が考えられます。

  • Forguncy Serverからアクセス可能なフォルダーにあるCSVファイルを毎日0時にデータベースにインポートする。
  • 毎朝6時に在庫数を確認し、在庫数が閾値を下回っていた場合にメールを送信する。
  • 毎朝8時に昨日までの売上を集計したレポートを指定したフォルダーに作成する。

詳細についてはスケジュールタスクを参照してください。

カスタムWebAPI

Forguncyではサーバー側で動作する独自のプログラムを作成するための機能として、「カスタムWeb API」という機能を提供しています。詳しくは、以下のヘルプを参照してください。

カスタムWeb API

カスタムWeb APIとして作成したメソッドに[ScheduleApi]という属性を付加することで、そのメソッドの処理を定期的に実行させることが可能です。 

サンプルコード

public class Class1 : ForguncyApi
{
    // 毎日午前0時にこのメソッドが実行されます。
    [ScheduleApi("0:0:0","1")]
    public void SampleScheduleApi1()
    {
       // ここに処理を記述します。
    }

    // 1時間ごとにこのメソッドが実行されます。

    [ScheduleApi("1:0:0")]
    public void SampleScheduleApi2()
    {
        // ここに処理を記述します。
    }
}

 

検索キーワード: fgcinfo fgcdevelopment

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント